月夜の晩に

アクセスカウンタ

zoom RSS 感動!熱田神宮〜つづき〜

<<   作成日時 : 2006/11/27 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

〜前回より続き〜
熱田神宮でもらった冊子によると「祭神の熱田大神とは、三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を御霊代(みたましろ)として、よせられる天照大神(あまてらすおおかみ)のことであります」とあり、平成25年には1900年記念を迎えるという。190年ではない、1900年だ。ちなみに現在の熱田神宮は昭和31年に再建されたものだそうだ。
そんな由緒正しい熱田神宮だが、地元名古屋では「熱田さん」と呼ばれ身近な存在として親しまれている。熱田の森は名古屋の人々のよき憩いの場なのである。
画像

これは奉納してある日本酒だ。「義侠・長珍・鬼ころし」なんかは私も呑んだことがある。ここにあるのは全て地元愛知県の酒のようだ。酒を神に捧げるっていう感覚は日本特有の気がするが普通どうなんだろうか。今度調べてみよう。
画像

これは休息所に併設されている「宮きしめん」というきしめん屋さんだ。そう、なんと熱田神宮では境内で食事できてしまうのだ!早速私もいただいてみる。
画像

これはミニサイズ。上には葱と鰹節がかかっている。見た感じはいたって普通のきしめんだが、このシチュエーションでいただくとなんだかとても楽しいのだ。そして実際にこのきしめんは美味しい。11時くらいに食べたのだがお店は既に結構な賑わいだった。

・・・うーん、熱田神宮って「地元密着」というより「地元一体」といっていいほど市民生活に溶け込んでいるみたいだ。本来この環境を守るには大変な管理上の努力が必要だと思うのだが、そんなことを感じさせない程緩やかで穏やかな空気が充満している。実に自然で無理がないのだ。こういうのっていいよなあ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
名古屋ぐるめのうなぎ名店
私の妻は静岡県浜松市の出身です。 ...続きを見る
名古屋発!名古屋グルメと有名人
2006/12/26 02:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪
うわぁ…満月さん、旅行イイですねぇ!!!
思い立って行かれるというのがまたイイなぁ…うらやましいです♪
私も神社好きですねぇ…建物と地形好きで、観光地では、繁華街よりも神社仏閣を飽きもせずにまわってたりします:笑
また、このきしめんの美味しそうなこと!明日の夜食はきしめんにしますよ♪
―それでええと、日本酒を神様に捧げるのは、神様の食物が「酒」だからだと思います…。
「サケ」の「サ」は「稲の神様」のこと、「ケ」は「食べ物」のことで、もともと「酒」は神様の食べ物でしたから、今でも奉納されるんだと思いますが…違っていたらごめんなさい…:汗

okamider
2006/11/28 02:49
女将さん、今晩は。
熱田神宮は名古屋からすぐだし、旅行するにはもってこいの場所ですよ。
ところで、酒は神様の食べ物だったんですね!?また一つ勉強しました。
満月
2006/11/28 23:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
感動!熱田神宮〜つづき〜 月夜の晩に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる