月夜の晩に

アクセスカウンタ

zoom RSS ひつまぶし(つづき)〜熱田神宮参りの後のお話〜

<<   作成日時 : 2006/12/03 10:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

〜前回よりつづき〜
うまきと日本酒「草薙」ですっかりいい気分の私。それにしてもこの草薙というお酒、熱田神宮奉納酒らしいが、そんなこと関係なく文句なしの美味しさだ。確認しなかったが大吟醸なのかもしれない。ほろ酔いのままひつまぶしが出来上がるのを待つ。いいねえ、こういうひと時。お、お膳をもってこちらに近づいてくる店の人がいるがひょっとして!? やはり私のだ。
薬味が入った小箱とお櫃、出汁の入った急須がおかれた。お櫃の蓋を開けてみる。
画像

一杯目はそのまま、二杯目は薬味をかけて、三杯目はお茶漬けでお召し上がりくださいとのこと。早速その通り試してみる。鰻は予め細かくきられている。どれ一口。・・・おお!この鰻上物だ。鰻の風味が強烈だし味も濃厚だ。タレも控えめでしつこくない。鰻自体の味が濃いからだろう。私の好みにジャストミートするうな丼である。
画像

薬味をかける。ん!また違った風味が加わってこれも美味しい。通常のうな丼はタレの味一本でご飯をグイグイかきこむのが醍醐味であり楽しみなのだが、途中で新しい味と刺激が加わることで舌が鰻の味をまた新鮮に感じるようになるみたいだ。葱との組み合わせもかなりイケる。むしろ酒飲みにはこちらの味のほうがいいかもしれない。
画像

お茶漬けにしてみる。「むっふぁあぁぁぁ」と鰻の香りが立ち上ってくる。ずぞぞぞ、とすすってみる。・・・美味ーい!なんじゃコリャあ。出汁が単純に加わっただけでなく、鰻からもよい味と香りが新たに染み出してくるのだ。なんでこんなことが起こるのだろうか?とにかく美味い。
最後に一膳分がまだ残っている。うーん、あれこれ悩みつつも薬味で食べることにした。〆に食べる食べ方としてよさそうだし、なにより私はこの食べ方が一番気に入ったのだ。

こうして私の熱田神宮参りに楽しい彩が添えられたのである。旅の楽しみはいろいろあれど、最後は食べ物なんだなあ、としみじみ思う満月なのでありました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
うなぎ大好き
今夜の我が家はうなぎです。安くて送料無料の楽天ショップを知ってから、うなぎ食べる頻度が増えたかなぁ。ヾ(@^▽^@)ノ。 ...続きを見る
うなぎ通
2007/09/23 08:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪
おぉぉぉ…ついにお出ましですね、“ひつまぶし”!!
実は私も大好きなんですが、こちらのはまた本当に美味しそうですねぇ…♪
食べる楽しみが無くては、旅行の魅力は半減すると固く信じている私ですが、これはやっぱり「現地で食べる」という付加価値もあっての美味しさなんでしょうね―。
現地の風土があって、そこに身をおいてのお酒と食というのは、一つの完成形ではないかと思います。
今回も良い旅をなさったようで、何よりでした♪
おすそ分けをいただいたようで、嬉しくなってしまいましたよv
ありがとうございました(^^)
okamider
2006/12/04 02:57
女将さん、今晩は。
要するに「美味いものを食べてきました」ということだけなのですが、恐縮です。でもやっぱり食べ物って重要ですよね。
満月
2006/12/05 01:35
旅に出掛けたときには、その場の『美味しいモノ』をいただく!
これが一番幸せなのではないでしょうか。。。
うーん、私もどこか出掛けたくなりましたよ^^
ケンケン
2006/12/07 00:00
ケンケンさん、今晩は。
旅は良いですよー。たまの楽しみとしてこういうのはアリだと思います。
満月
2006/12/07 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひつまぶし(つづき)〜熱田神宮参りの後のお話〜 月夜の晩に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる