月夜の晩に

アクセスカウンタ

zoom RSS さつまあげ

<<   作成日時 : 2007/09/04 00:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

鹿児島の代表的な表土料理である「さつまあげ」。これぞさつまあげ!という確固たる定義はないようなので、いろんなお店ごとにいろんなさつまあげがあるが、ようは魚のすり身を揚げたものである。私の個人的な感想では「あつあつの蒲鉾」といったカンジだろうか。鹿児島は黒豚や薩摩地鶏が全国的に有名になったこともあり畜産のイメージが強いと思う。でも実は海の恵みも豊富なのだ。

画像

これは平たくつくられたさつまあげ。食べると中に人参の角切りが入っているのだが、すり身意外に具が入っているのは珍しいと思う。

画像

これは天文館のおでん屋で出てきた三種類のさつまあげ。味や食感がそれぞれ違うのだが、青魚(鯵か鰯?)のつみれみたいなやつと、むっちりプリプリしたのやつと、しっとり滑らかなやつの三種類である。←味の説明って難しいですネ。この表現で解るのだろうか・・・

画像

これは棒状のさつまあげ。割りにスタンダードなタイプだと思う。指宿の和食屋で食べたやつだ。

関東で魚の練り物といえばつみれやはんぺんだ。おでんや味噌汁に入っていたり炙ってあったりはするが、鹿児島のように油で揚げたりはしない。これは多分、鹿児島が焼酎という油と相性の良い酒を呑む文化圏であることと無関係でないと思う。そういえば知覧で見学した焼酎蔵の社長が「焼酎のよさは油をスパっと断ち切ってくれることだ」といっていた。

・・・ナルホド、確かに郷土料理はその土地に深く根付いた料理のようだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おいしそうですね!
私、大好物です。
フォトを見ているだけで食べたような気分です。
トムノグ
2007/09/04 21:27
トムノグさん、今晩は。
さつまあげは鹿児島では本当にどこに行ってもでてくる定番のツマミです。と同時に、ごくごく普通のおかずでもあります。
これも一種の「地のもの」なんでしょうね。
満月
2007/09/05 01:08
さつま揚げって地味ですけど、そのまま食べても、おでんに入れても、煮物に入れても、何しても美味しい。
沖縄にも似たようなものありましたよ。確か「たらし揚げ」といったかな。
形がマチマチで、とても庶民的でした。
鹿児島文化を引いているのかもしれませんね。
ピグモン
2007/09/05 09:44
つけ揚げですね^^〜☆
焼酎にもご飯にも合って美味しいですよね。。。
東京のさつま揚げだと、築地のつくごんのがダントツで美味しいです!
みゅうみゅう
2007/09/05 15:57
ピグモンさん、今晩は。
沖縄にも似た料理があるのですか?知らなかったです。
ところで知覧に沖縄の影響を受けた建築物というのがありました。沖縄と鹿児島は相互に影響しあっているようですね。
満月
2007/09/05 22:48
みゅうみゅうさん、今晩は。
築地にはたまに立ち寄ります。「つくごん」ですね。覚えました〜
満月
2007/09/05 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
さつまあげ 月夜の晩に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる