アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「食に一言」のブログ記事

みんなの「食に一言」ブログ

タイトル 日 時
キャベツの千切り
キャベツの千切り とんかつ(写真は新宿・卯作のとんかつ)のつけあわせといえばキャベツの千切りだが、とんかつ限らずキャベツの千切りが出されることって結構あると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/13 01:24
ビギナーズ!?
NHK教育を観ていたら、「きょうの料理ビギナーズ」というのをやっていた。司会進行はアニメーションのおばあちゃんだ。世話焼き・物知り・やさしげな感じで、料理のイロハをあれこれと甲斐甲斐しく教えてくれる。教えるポイントも具体的な「料理」ではなく、「皮のむき方」とか「道具の使い方」とかがメインなので、料理はそれらをマスターするためにごく簡単な一品が作られるだけのようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/16 21:26
大根おろしと醤油
大根おろしと醤油 例えば秋刀魚の塩焼きや玉子焼きには大根おろしが付いてくると思う。別皿に盛られていることもあるが、大抵は同じ皿の端っこにこんもりと盛られていることがほとんどではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/03/02 23:57
何でこんなに違うの?
素材の良し悪しや料理人の腕前次第でこんなにも違う、という話ではない。同じ料理名でどうしてこうも違った一皿に仕上がるかなあ、と日々感じている疑問だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/25 23:56
ご当地お菓子
ご当地お菓子 最近ご当地お菓子という分野が確立されつつあると思う。例えば八橋やもみじまんじゅうやうなぎパイみたいに、もともとお土産としてのご当地お菓子はあったと思う。でも、私が今回言うご当地お菓子はちょっと違う。このところでは全国区でスタンダードな味が出回っているお菓子の「ご当地版」を結構みかけるのだ。各種スナックが、大坂バージョンでお好み焼味・福岡で明太子風味・宇都宮で餃子味・・・などである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/17 21:25
「サントリーがまい泉買収」に思う
まい泉というとんかつ屋がある。「箸でも切れる」というふれ込みのやわらかい独特な食感のカツが非常に美味しく、私も機会のあるたびに食している。デパート等で中食展開もしており、カツサンドはいまやこのお店を代表する一品だ。 そんなまい泉はこの度サントリーの傘下に入るのだという。後継者に恵まれなかったとか今後の事業展開がどうこう・・・とかいろいろ理由はあるのだろう。私も創業者のそういった決断にとやかく言うつもりはない。ないのだが、いかにも残念だ。というのも、個々人の創意工夫(マイナスも一杯ある)がダイレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/01/17 22:56
理想の飲み食い〜東京麺通団〜
理想の飲み食い〜東京麺通団〜 西新宿の一角に「東京麺通団」というヘンな名前のお店がある。讃岐うどんのお店だ。讃岐うどんが結構なムーブメントになり、いまやすっかり食のジャンルとして定着したのは、このお店の仕掛け人によるところが大きいと思う。←各自調べて下さい で、この麺通団なのだが、要するに割と普通に見かけるセルフサービスの讃岐うどん店だ。天麩羅がずらっと並んでいて、ご飯ものも置いてあり、薬味の類が気前よくどさっと置かれているアレである。でも、ちょっとだけ違うのは「良い酒が置いてある」ことだ。種類は少ないのだが悦凱陣(よろこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/12/16 23:42
のっぽパン
のっぽパンという静岡県限定の菓子パンがある・・・というか、今となっては「あった」というべきだ。この7月で製造中止となったそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/14 23:46
チキンカレー
チキンカレー チキンカレー・・・。至極ありふれたメニューであるし、まあどんなカレー屋にもあるとおもう。ポークカレーと並び、所謂日本におけるカレーのスタンダードだ。 私は常々感じているのだが、「スタンダード」とか「ベタ」とか「ありふれた」とかとかいうくくりで語られる事象って、実は凄いと思うのだ。「庶民」・「下町」といったニュアンスも上記に近いかもしれない。小難しい言い方だが、これらの言葉は裏を返せば最大公約数の思いを受け止める力がある証左だと思う。「国民食」と呼ばれるラーメンなんかはこれらを具現化している良い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/26 00:33
餃子写真館A
餃子写真館A 前にも写真館をアップしたことがあるが、餃子の可能性は無限大だと思う。 まだまだ紹介したい餃子というのがあるのだ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/11 21:11
注文のパターン
外食の多い私満月にはちょっとした自主ルールがある。と、いうもののそんなにかっこいいものではない。実際にまず優先されるのは予算のルールだ(泣)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/10/06 23:40
クレープが好き
クレープが好き 実はクレープが好きだ。おいしいお店のヤツだと生地がもちもちしていて2・3枚を軽く食べてしまう・・・、といってもデザートとしてのクレープではなく、食事としてのクレープである。チーズや卵や野菜なんかが挟んであるタイプだ。食べるまではかなりの違和感を感じていたのだが、実際に食べると私の好みに合致する非常に美味しい食べ物であったのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/24 20:04
唐揚を語る
唐揚を語る 私は鶏肉料理全般が好きなのだが、唐揚となるとちょっと微妙だ。いや、唐揚も大好きなのだが、私の好みと合致する唐揚を供してくれるお店が少ないように感じるのだ。私のミートポイントが狭過ぎるのだろうか?以下に書き出してみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/30 00:20
さえずりの衝撃
さえずりの衝撃 私は関西方面へ出かけるとき必ずといっていいほど食べるものがある。それはおでんだ。関東と関西でおでんはぜんぜん違う。まずはおでんダネ自体が結構違う。練り物の類は関西のほうがひねりが効いていて一工夫あってうまい。味付けや出汁の色も違う。なんというか関東よりもお上品かつ味わい深いカンジだ。私は特に関西びいきというわけではないのだが、おでんは関西の圧勝だと思う。そして特に「さえずり」と「ころ」。これは鯨を使ったおでんダネなのだが、これが私の大好物なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/22 22:10
絶賛されてしまうお店
「マジうまーい!」とメディアで絶賛されている飲食店があったとしたらどうだろう。やはり気になる。普通の人であれば「ちょっと行ってみたい」と思うものだ。そして多くの場合やっぱり美味しい。でも私の場合、「大騒ぎするほどでも・・・」と思うことしきりなのである。何故だろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/29 23:12
新しい旬の表現
なんだかスーパーで見かける野菜の種類が増えたように感じているのだが、昔からあるお馴染みの野菜にもあれこれ種類がふえた?ようなのだ。春キャベツって表現はいつからあったっけ?新玉葱や新じゃがとかはどの段階なら「新」なんだ? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/06/24 23:28
「あまい」とか「やわらかい」とか
別にどうでもいいといえばどうでもいい話だ。でも最近テレビで美味しいものを食べた人がやたらと「あまい」とか「やわらかい」を連発しすぎている気がする。「あまい」にしてもいろいろあって「控えめなあまさ」とか「ほのかにあまさを感じる」とか「辛さの中にもあまみを感じる」とか・・・。とにかく「あまみ」なのだ。 食感では圧倒的に「やわらか〜い」である。「この肉やわらか〜い」とか「簡単に歯で噛み切れる!」とかだ。「溶ける!」とかも同じニュアンスだと思う。 私個人はインパクトの強い味が割と好きだし、食感にして... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/20 23:46
白レバー刺し
レバ刺しが大好きだ。牛でも豚でも鶏でもなんでもござれである。そんなレバ刺し好きの満月はこの間非常に珍しいレバ刺しを食べた。軍鶏のレバーだったのだが、通常のレバーではなく「白レバー」である。なじみの焼き鳥屋での体験だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/26 22:36
塩味の焼鳥丼
塩味の焼鳥丼 この前池袋に買い物へ出かけた。昼時だったので、焼き鳥屋のランチをいただく。焼鳥丼である。池袋に来たのは買い物がメインの目的であるのだが、この焼鳥丼も私は非常に楽しみにしていたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/15 21:47
不二家ネクター
ペコちゃんでおなじみの不二家。最近は残念ながら不祥事により存亡の危機に立たされている。3月現在の情報であるが、山崎パンの支援を仰ぎ経営再建に努めるのだという。その、「ある意味ホット」な不二家は、一般的には洋菓子のイメージが強いと思う。でも、私にとっては「不二家=ネクター」なのである。 私が幼少の頃、テレビCMで、江川卓(現野球解説者)が「ももももももももももネクター」というフレーズでCMをやっていた。私は駄菓子屋で「よっちゃんイカ」や「のらくろガム」を買い、10円のコインゲームを楽しむ程度の、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/03/23 21:44
お子様ランチ
お子様ランチを最近あまり見かけなくなった。私が小さいころはワンプレートになっている定食もどきのようなセットが結構あった。ピラフが形よく盛られそこに旗が立てられていたり、ウインナーに飾り包丁が入れられていたり、プリンやヤクルトが一緒についていたりと、そのあからさまな子供狙いに、当時多くの子供が引っかかっていたと思う。親は親でお子様ランチを食べさせておけばとりあえず安心、という意識があったと思う。 では、逆に最近は子供向けのメニューはどのようになっているのだろうか? 私の見たところ基本的には大人が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/15 23:56
ちまき偏愛
ちまき偏愛 ご飯ものが好きだ。雑炊やおかゆも好きだなのだが、もっとグイグイいけるほうがより好みだ。炒飯やおにぎり、丼物もイイ。でも最近特に気に入っているのは中華料理で出てくる「ちまき」である。味付けしたもち米にちょっとした具材を入れて蒸すシンプルな食べ物が私は美味しくて仕方ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/12 23:16
干物ノススメ
干物ノススメ 私は静岡県出身者なのだが、その地元静岡は干物天国だ。実に様々な魚を干物にする。でも、そのまま食べて美味しい魚を何故わざわざ干物にするのだろうか?保存用に・・・という理由はもはや過去の話だ。もっと単純に干物は美味しいのである。 添付写真の干物はキンメ鯛。地元でも王様クラスの干物である。見よ!この大きさ!干物はこれくらいのボリュームがないとだめだ。例えばこのキンメ鯛の身が痩せて小さかった場合、大ぶりのものと比べ塩気がきつくなりがち(塩がまわりやすい)で身が硬くなってしまうことが多い。それに「干... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/11/19 11:04
かぼちゃ
かぼちゃって私の中で微妙な食べ物だ。日本でかぼちゃがこれほど広まったことは、ちょっと信じられないすごいことだと思う。 かぼちゃは実際の調理では煮込まれることが多い。でも加熱するとどうしてもかぼちゃ特有の青臭さ・独特のクセが際立ってしまうように思う。私はこの風味があまり好きではないのだ。そして、醤油ともあわない。味噌もだめだ。他の具材との取り合わせも微妙だ。強いて言えば「肉」との取り合わせだが、積極的に「良い組み合わせ」とはいいがたい。かぼちゃって強烈な個性の持ち主なのだ。加えてこれが一番重要な... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/11/15 21:32
叉焼
叉焼 私は中華料理屋で紹興酒を呑むときにはチャーシューを頼んで肴にすることが多いのだが、なんだか最近は「脂身の美味さ」が安易に強調されたチャーシューが多くなった気がする。大体において醤油ベースの味で豚バラ肉がとろとろになるまで煮込まれている。食べ応えがあるし当然非常に美味しいのだが、私の感覚でいえば「煮豚」っていう表現のほうがあっていると思う。もちろんそういう美味しさもあるのだが肉本体の旨みやコクを追求したチャーシューを出すお店って実は少ないのだ。 で、私の好みのチャーシューといえば肉自体に味の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/11 23:53
トマトケチャップ
塩胡椒の味付けは好きだし、イタリアンのトマトソースも好きだ。でも市販のトマトケチャップは好きじゃない。味がきつくなってしまう感じがするのだ。 考えてみるとケチャップって不思議な調味料だ。いや、ソースか? 何れにせよいつ誰がケチャップを発明したのだろうか? 自家製マヨネーズであれば割りによく洋食屋等で出てくるし、レシピも普通に出回っている。でも「自家製ケチャップを出すお店」というのを私は知らない。世の中のどこかにはあるんだろうが、普通であれば「トマトソース」とか「トマト風味の○○」とかになるはず... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/16 00:34
水餃子を焼く
水餃子を焼く 土曜日の昼飯に水餃子を作ったのだが食べきれずに5個余ってしまった。中国ではこういうとき、後で焼いて食べるそうだ。 写真はそのような過程を経てできた「焼餃子」である。水餃子の「むちむち」と油が当たった部分の「カリカリ」が同居した、なかなか美味しい一品に仕上がった。なるほど、水餃子を焼くとこういう風になるのか。通常の焼餃子はもっとパリパリとした香ばしさを強調したものが多いように思うが、この手順で仕上げるとまるで違う食べ物のようだ。滑らかな食感は失われてしまうが、そのかわり香ばしさが加わる。柚子... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/21 21:48
肉を焼いてみる
肉を焼いてみる この前ポークソテーの思い出を記事にしたのだが、自分でもポークソテーを実際に作ってみた。本やネットでいろいろ調べてみると、単に肉を焼くといっても実は結構大変なのだ。 以下に実際の手順を書き出したが、実に多くの手間がかかっていることがお分かりいただけると思う。使った豚肉はリブロースだ。 @冷蔵庫から肉を取り出し、しばらく常温においておく A脂身と赤身の境に包丁をいれ筋を切る※焼いたとき肉が縮まないようにする下処理 B脂身に網目状の切込みを入れる→その後軽く塩胡椒する C無塩バターをフラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/17 01:54
プリン好きッス
プリン好きッス 実はプリンが大好きだ。 私が思うに、プリンには大別してハードタイプとクリームタイプの二種類があると思う。 ハードタイプは玉子の味が濃厚でやや固めである。このタイプは苦めのカラメルソースと相性が良い。クリームタイプは文字通りクリームのような滑らかなプリンだ。カラメルソースでも美味しいし、果物等を使ったソースともよく合う。最近はこのクリームタイプが流行っているように思う。 で、私が好きなのは時代に逆行してハードタイプの方だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/07/09 01:23
皆はどうしている?
私が飲み食いする際、ふと無意識にしてしまうことがいくつかある。 でもよくよく考えると、なんとはなしに理由があるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/06/29 21:57
うどんを表現する言葉
うどんを表現する言葉 うどんが大好きだ。日本には驚くほど沢山の種類のうどんがある。 でも、麺の良さを伝える言葉はあまりに少ない。喉越しとか歯ざわりを語る具体的な言葉も少ないし、それ以外の食感や美味しさを表現する言葉も見当たらないのだ。これだけうどんの種類があるのに、同じ系列のうどんでもお店や打ち手・時間帯によって食感や味も違うのに、である。 そこで、私的にうどんのよさを伝えるべく以下のような表現を推奨したいと思う。食の表現に一石を投じることができれば幸いだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/13 23:35
卓上の調味料は必要か?
例えば中華料理屋に行くとお酢と醤油とラー油がテーブルに置いてあると思う。とんかつ屋にはソースや塩があるし、居酒屋ではそれらが一通り置いてある。既に調理が終わっているにもかかわらず、何故これらの調味料は置いてあるのだろうか?私なりにあれこれ考えてみた。 まず、揚げ物は明快にわかる。予めソースがかけてあるとせっかくサクサクにあがった衣がふやけてしまうからだ。調味料の風味も関係しているかももしれない。ちょっと事例としては違うかもしれないが、ベトナム料理屋でカットレモンを別に出されることがある。フォー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/03 22:14
エスニックって何だ?
今回のテーマはエスニック料理です。 辞書を引いてみると、エスニックとは「民族的な」といった意味のようだ。つまり、通常はインド・タイ・シンガポール・ベトナム等の料理を意味することが多いエスニックだが、エスニック料理という料理は明確な意味では存在しない。本来は一緒くたにするような類のものではないはずだ。それにもかかわらず一緒のカテゴリー「エスニック」にされてしまうのは何故だろうか? それは一言で言えば「香辛料」、もっと言えば唐辛子のせいだ。誰しもエスニックといえば唐辛子をふんだんに利用している料... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/10 22:14
レバー・レバー・レバー!!!
レバー・レバー・レバー!!! 今日はレバーに関する話だ。私はレバ刺しが大好きで、居酒屋でメニューにあれば必ず頼んでいる。 でも、一言でレバ刺しといても実はいろいろあるのだ。 単純には鶏・豚・牛の違い。新鮮であることはもちろん、丁寧に血抜きがされているかどうか、それともあえて血の味を残すか、薄皮があるように表面がピンと張ったプリプリのタイプ、ねっとりとした食感のタイプ等があるし、雄雌でも味が違うそうだ(よくいくホルモン焼き屋のマスターは雌のほうが美味しいといっていた)。 炙ったり軽く湯通し(鶏)してあるものもある。レ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/09 22:35
キーワードは「もちもち」?
小麦粉を使った料理では長らく「香ばしい」とか「サクサク」とかが世の中の評価を独り占めしていたように思う。薄焼きのピザや焼餃子はその代表選手だ。 翻ってここ最近、「もちもち」がずいぶんと見直されてきたと思う。私の中でもちもち小麦粉料理といえば「ナポリピッツァ・水餃子・ナン・ベーグル」だ。これらは雑誌でも取り上げられることが多くなっていると思う。また、パンの美味しい評価基準として「外はさっくり中はもちもち」といった軸が生まれつつあると思う。現にこの評価を軸とした新食感のクロワッサンやバタール等が登... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/21 00:27
パンを取り戻せ
パンを取り戻せ 私がパン屋の商品で思い浮かべるものといえば、カレーパン・サンドイッチ・アンパン・メロンパンなんかだ。お総菜パンとか菓子パンである。日本におけるパン屋とはパンを応用したお総菜やお菓子を売っているお店であり、日常的に食べるパンはスーパー等の「食パン」を買うことが多いと思う。 でも、それってよく考えるとなんかヘンだ。パンを米に置き換えて今の話をしてみると、 米屋ではもっぱらおにぎりやちまきを買い、日常的に食べる米はスーパーで買う。 となる。・・・訳がわからん。この話にポイントは2つある。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/03/13 00:10
今水餃子が熱い
今水餃子が熱い 餃子といえば日本ではもっぱら焼き餃子を意味する。でも本来は「茹で・蒸し・焼・揚げ」等のバリエーションがあり、皮・具材にもいろいろとある。中国では水餃子が一般的だ。 焼餃子圧勝の状況が長く続いていたが、鉄鍋餃子の東京進出により状況は一変する。この餃子自体は焼餃子の変種であるが、われわれに「こんな餃子もありだ」ということに初めて目を向けさせた、いわばパイオニアである。 そしてここ最近では水餃子が脚光を浴び始めている。では、水餃子の美味しさのポイントはなんだろうか? 私が思うに、それは「喉越... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/03/12 01:33
果物の進化?
苺の種類が増えているような気がする。それどころか、果物自体の種類が増えている(スーパーで普通に見かけるようになった・・・というレベルで)ような気がするのだ。どういうことだ? アボガド・ドリアン・ライチってそんなにポピュラーな果物だったか? ドラゴンフルーツっていつの間に登場したのだ? うっかり年をとってしまうと、世の中のこうした変化から取り残されてしまうのだろうか。チクショー。 ・・・ゴホン。 日本人が果物といってまず思い浮かべるのはスイカ・柿・ミカン等・・・ではもはやないのかもしれない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/09 00:09
美味しくない理由の追求
美味しいお店や調理法を紹介する雑誌・TVは多数あれど、「これはやってはいけない」とか「この組み合わせは不味い」とかいう事例を見かけることはほとんどない。 外食する際も、美味しいお店は話題になっても、不味い店(凄まじい場合は除く)は「不味い」以外の批評を語られることがない。もしくは話題にすら上がらない。 でも、美味しくない理由の追求って結構利用度の高い情報だと思うのだ。なにも不味かったお店をつるし上げようというのではない。不味かった具体的な理由とはなんなのか?そこには別の意味で食の真実が存在す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/07 22:30
安定供給と品質を両立させた名品
安定供給と品質を両立させた名品 一人暮らしで怠け者の私は、食べ物を買う際には手のかからないすぐ食べられる食品や、加えるだけでコクの出せる調味料なんかを結構重宝している。 そんな自堕落な買い物ライフのなかで、外食とは別の尺度でほめてあげたい商品がいくつかあるのでこの場で取り上げたい。 その尺度とはズバリ「安定供給と品質(味)の両立」および「価格」だ。 一例を挙げると ・桃屋:穂先メンマやわらぎ  メンマの概念を変える食感と美味しさ ・アオハタ:アンチョビ  そのままでも料理に使っても美味しい。調味オイルもサラダ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/03/06 23:59
組み合わせの勝利
葛切ってご存知ですよね?実は最近この食材にハマっているのだ。 きっかけは、よく行く中華料理屋。豚しゃぶと平春雨をあえたものを出されたのだが、これが久々の大ヒット。豚肉と厚ぼったい平春雨がものすごく合うのだ。 で、自宅でも再現できないかとおもい、スーパーに行ったのだが平春雨がない。そこで、代用として買ってみたのが葛切だ。 黒蜜をかけて食べるデザートの感覚でいたので、パッケージの説明で「鍋物にもどうぞ」とあるのに少し驚いた。2時間水に漬けてもどした後、豚しゃぶの具として食べたのだが、ムチムチと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/03/05 20:28
焼肉屋の楽しみ方
焼肉屋の楽しみ方 何を隠そう、私は焼肉が大好きである。 いや、「大好き」では足りないな、「大っ好き」って感じで大好きである(←バカ)。 カルビ・ロース・タン・冷麺・・・というステレオタイプな焼肉屋しか想像できないアナタ、今すぐ焼肉屋に行ってください。大きくは下記3点に関して、焼肉業界は進化を遂げている。 @ホルモンの品質向上  レバ刺しに関して言えば、既にどのお店で食べても一定の品質が期待できるほどである。コブクロ・ミノ・センマイ・ギャラあたりはすっかり定着したといっても良いだろう。 A韓国家庭料理... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/03 21:55
ちらし寿司は美味しいか?
寿司は大好きだし刺身も大好きな自分だが、「ちらし寿司」はあまり食べない。「海鮮丼」にも懐疑的だ。 個々に味わいが違う具材を、丼上で一緒にする意味がきちんと吟味されて作りこまれたちらし寿司って、世の中にどれだけあるのだろうか?。 錦糸玉子と椎茸等がメインの「酢飯混ぜご飯」的なやつはまだわかるし、結構好きだったりする。問題は「魚介類メインのちらし寿司」だ。バラに食べた場合との比較で負けていると思うのだ。 鉄火丼・ネギトロ丼・ウニ丼等は「OK」。でも、ちらし寿司は「NO」なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/02 21:44
鍋は美味しいか?
鍋は難しい。 なんでこんなことを考えたのかといえば、「寄せ鍋」に疑問を感じているからである。野菜はある程度種類を多く入れても問題ない(香味野菜を除く)と思うのだが、肉・魚を数種類入れてしまうのはどうかと思うのだ。欲張って具沢山にするとスープの味が濁ってしまい、良質な食材を使用していても互いに味を殺しあってしまう。 加えて、寄せ鍋はいっぺんに具材を投入してしまうことが多い。個々の食材ごとに火加減を調整できない結果、茹った具がスープに味をどんどん出してしまいスカスカになってしまうことが多い。この... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/01 21:11
おにぎりは何故美味しい?
米を主食にしている国はアジアを中心に沢山あるが、「おにぎり」を食べているのはひょっとして日本人だけではないだろうか? インディカ米はパラパラしているので「おにぎり」は無理があるとしても、お隣中国や韓国でおにぎりに該当するものを私は見たことがない(←いや、行ったことないんスけどね。中華料理屋とかの話ね)。 炒飯・韓国海苔巻き・おかゆ・おこげ・ちまき・リゾット・パエリア等、米を使った料理は数あれど「おにぎり」だけはないのだ。なんでだろ? 私なりに考えてみると、  仮説1:日本産以外の米はおに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/25 10:03
親子丼に関する考察
親子丼はうまいか? いや、勿論おいしいに決まっている。自分で問いかけを書き出してなんだが、親子丼は大変においしいし大好きな食べ物のひとつだ。 ここで問いかけたいのは、鶏肉を食べる料理としてどうよ?ってことだ。甘辛い味付け+卵とじという調理法はどんな食材でも強制的においしくしてしまうのではないだろうか? 色の濃いペンキで塗りつぶしている感じ・・・といえばご理解いただけるであろうか?(←なんじゃそりゃ) ゆで卵と焼き鳥をおかずにご飯を食べた場合との比較なら、私は絶対に焼き鳥派だな。 焼き鳥よ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/02/18 02:36

トップへ | みんなの「食に一言」ブログ

月夜の晩に 食に一言のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる