月夜の晩に

アクセスカウンタ

zoom RSS 昼酒を求めて〜うどん屋〜

<<   作成日時 : 2006/12/10 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

だいぶ前に「日本には昼酒を楽しむシチュエーションが少ない」、みたいな記事を書いた。
でも自分で書いといてなんだが、探せば昼酒を楽しむことができる場所があるにはあるのだ。では、昔から楽しまれていた「蕎麦屋酒」以外にどのような昼酒があるだろうか?私の知るいくつかのシチュエーションを今後ランダムに紹介しようと思う。
で、今回はうどん屋である。「なんだ、蕎麦屋とあんま変わんねーよ」、とお思いの皆さん。それは違います。全く違うのです!蕎麦屋の場合、酒の肴として焼味噌や出汁巻き卵があるが、それはあくまでも「肴」であり蕎麦を食べる行為とは切り離されたものだ。コレがうどん屋になるとニュアンスが違ってくる。うどん屋でまず思いつく肴といえばなんといっても天ぷらだ。油物はうどんとよく会うようで、どの種類のうどん屋でも大抵天ぷらがある。これを肴に酒を一杯、となるわけだが、この場合に肴とした天ぷらは本来うどんとの相性を考えてメニューに加えられているものだ。当たり前だが、うどん屋のメインはあくまでうどんなのである。そういう意味で、うどん屋で酒飲みは若干肩身が狭い。
でも、最近では酒も肴も取り揃えているうどん屋が増えてきている。酒は日本酒であることがほとんどだ。実は最近はやっているうどんの多くは郷土料理といってもよいくらい、様々な地方の出身なのだ。「讃岐うどん」しかり「稲庭うどん」しかり「きしめん」しかり、である。うどん屋はうどん自体が郷土料理であること以外にも「地酒」というアイテムを追加することで、より一層原点回帰しているのだと思う。
・・・なんだか昼酒とちょっと論点がずれてしまったが、要するに過去は食事メインだったうどん屋も、最近では「酒を飲むいい感じの場」になってきている。地酒の充実に伴い自然と肴も充実しつつある。香の物やおでんや天ぷらといった以前からあるものに加え、焼き魚や煮物や煮込みを置く店も登場してきた。
でも、どのうどん屋でも刺身の類は少ない。というか置いてないお店がほとんどだ。うどんとあまり合わないからだろうか?うーん、そのあたりはやっぱりうどん屋なんだなあ、と思う。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
満月さん こんばんは♪
私も一度だけ、『うどん屋』さんで、飲み会をやったことがあり
ます。池袋にある『うどん屋』さんでしたが、〆の"うどん"は
当然ですが、そのお店では"冷やしトマト"が、一番美味しかった
です^^ 確かにお刺身系はなかったように思います^^;

ケンケン
2006/12/12 22:34
ケンケンさん、今晩は。
そうですか、やっぱり刺身はなかったですか。
ところで、一番美味しかったのが「冷やしトマト」?なんかちょっと微妙かなあ。
満月
2006/12/12 23:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
昼酒を求めて〜うどん屋〜 月夜の晩に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる