月夜の晩に

アクセスカウンタ

zoom RSS ランチはそのお店を体現しているか?

<<   作成日時 : 2006/03/11 01:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


お手軽でボリュームがあり尚且つリーズナブルなことを求められるランチ。我々勤め人には貴重でありがたい存在だ。現に美味しいランチを出すお店をリサーチするメディアが沢山ある。
でも、そもそも「ランチ」とはそのお店の評価をキチンと体現できているのだろうか?
カレーとかトンカツとかラーメンは基本的には昼夜同じだと思うので評価にブレはないと思う。問題は「居酒屋」・「割烹」・「中華等の各国料理」等だ。
私は食に対して人一倍関心があり、しかもそんなに予算的に裕福ではないので、毎日なにを食べるのかあれこれ悩んでしまう。だから、美味しくリーズナブルなお店に出会ったときは本当にうれしく幸せだ。大多数の社会人は私のような行動指針を持っているのではないのだろうか。安けりゃいい、美味しけりゃなおいいって感覚。
一方でお店側も、ランチを足がかりにお客を引き込みたいという思惑があるのだと思う。それはそれで健全な市場経済の結実だと思う反面、我々はお店を都合のいいように食いつぶしてはいないかと、若干の後ろめたさを感じてしまうのだ。
本質的には我々が思い悩むような問題ではない。でも、思い入れとしてランチでがんばっているお店は夜も贔屓にして上げたいと考えてしまうのは私の甘さなのだろうか?
っていうか、日本の「ランチ」っていう現象は何かゆがんでいる。だれかこの格差を適切に埋めてくれないものだろうか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランチはそのお店を体現しているか? 月夜の晩に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる