月夜の晩に

アクセスカウンタ

zoom RSS 祝50周年!〜NHK今日の料理〜

<<   作成日時 : 2007/03/31 12:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NHK教育の「今日の料理」で過去放送した番組を取り上げていた。歴代の人気講師が登場した回を4夜にわたって再放送するのだという。そしてこの企画は「今日の料理」放送開始から50周年を記念して、ということらしい。
50周年!?である。すげーな、この番組。昔からなんとなく見ることの多かった番組なのだが、まさかここまでの長寿番組だったとは・・・。ともかくこの実にまじめな料理番組がこんなにも長く続いたことは本当に凄い。NHK教育に盛大なる拍手を贈ろうと思う。パチパチパチ←文章じゃ無理があるな

ちなみにこの企画、初回は村上シェフであった。ご存知の方も多いと思うが、帝国ホテルの料理長だった方だ。私もこのブログで過去に取り上げたことのある人だ。で、その次に登場したのはなんと陳建民である。四川料理で有名な陳健一(料理の鉄人に出てた人)のお父さんだ。番組では「麻婆豆腐」と「むきえび豆腐の煮込み」を作っていた。よどみない手つきで手早く調理された麻婆豆腐は、食べる前から美味しいに決まっている必殺の一品に仕上がっていた。でも、私が興味深かったのは料理ではなく陳建民のしゃべり口調や仕草のほうだ。なんというか、私が想像する中国人のコックそのものなのだ。コック帽(中国のやつ)をかぶり、ちょっと小太りで、しゃべり方に勢いがあるもののちょっと唐突な感じ、である。印象をそのまま書きつづけると、愛嬌やユーモアたっぷりで、でも接続詞がたりない「あの」しゃべり方なのだ。
この陳建民が与えたイメージは日本人の大部分を支配したのではないだろうか?村上シェフのシェフっぷり(こんな表現あるのか?)も見事なのだが、陳建民の中国人っぷりも負けず劣らず凄いのだ。なるほど、「歴代の人気講師」なわけだ。

・・・それにしても日本人の食や調理人に関するイメージを形成・促進させていたのはこの番組だったんだなあ、とつくづく感じ入ってしまった。さすが50年の歴史である。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
祝50周年!〜NHK今日の料理〜 月夜の晩に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる