アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「食周辺の話」のブログ記事

みんなの「食周辺の話」ブログ

タイトル 日 時
紹興酒のハーフサイズ
紹興酒のハーフサイズ 新宿にある台南担仔麺(タイナンターミー)。私は台湾料理が好きなので、新宿近辺で食事をするときは、結構この店を利用している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/02 00:41
ワンタン
ワンタン 水餃子と並ぶ私の好きな中華料理「ワンタン」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/06 00:57
蕎麦屋にて
蕎麦屋にて 晩御飯に蕎麦屋で蕎麦を食べていた。 そろそろ食べ終わるころに、中年男性の三人組が入店してきた。なにかの会合の後らしく、既に結構テンション高めである。テーブルに着くなり、アレコレ注文を繰り出し始めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/14 01:53
蕎麦湯にいたるまで
蕎麦はあたたかいものより、冷たく締めたもり蕎麦とかのほうが好みだ。なので、蕎麦を食べるときは蕎麦湯が付いてくることが多い。今回は私なりの蕎麦湯に至るまでのプロセスと蕎麦湯の楽しみ方そのものを紹介してみようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/30 00:26
カレーライスの食べ方
カレーライスに食べ方などないと思う。これは「私は」こうやって食べている、という話である。 大体、カレーライスはご飯が平たい皿の半分に盛られていて、残りの半分にルーが注がれているスタイルがスタンダードだと思う。で、そのようなカレーライスを食べるとき私はどうしているのか、という実にどうでもよいお話なので、まあ流して読んでいただきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/06/13 01:20
お店は移り変わる・・・
よく立ち寄っていた中華料理のお店が移転することになった。このブログでもモツの辛味蒸し・冷奴・豚肉しゃぶしゃぶ等の料理を紹介していたのだが、お店の名前は潮洲という小さなお店である。荻窪で規模を拡大して再出発するのだそうだ。地元民を中心に愛されている優良店というやつは世の中に数多くあるのかもしれないが、いざ自分の周りに、となると実はあまりなかったりするものだ。新しい場所でも是非がんばって欲しいものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/06/03 23:17
職人って厳しい・・・
この間のGW中に新幹線に乗ろうと東京駅へ向かったときのことだ。 丁度昼時に差し掛かったので、なにか食べることにした。昔から東京駅は地下街が充実しているし、八重洲口方面にも飲食店が豊富にある。グランスタもできたし丸ビルもある。さすがに少々お高いものの、選択肢は多く美味しいものいっぱいの町だ。最近は駅自体に飲食店街を大掛かりに併設しているし、何かと便利だ。 で、アレコレ悩んだ挙句ピザを食べることにした。でも、新幹線の時間とかなり微妙。どうしたものか、と考えていたらそのお店はテイクアウトもできるの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/05/11 01:02
〆鯖
〆鯖 居酒屋のメニューに〆鯖があると、ほとんどの場合注文する。私は〆鯖が大好物だ。でも、この好物は実に厄介な一品でもある。気の利いたお店のものでないと美味しくないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/20 22:29
中華でもモツ
中華でもモツ 中華料理の前菜には蒸し物が結構良く出される。蒸し料理、というのは世界中の国にあるのかもれないが、最も進化したのは中華料理におけるそれではないだろうか、といつも思う。 で、写真は牛モツの辛味蒸しである。イタリアンならトリッパという部位だろうか。牛の胃袋のどこかだったと思う。かみ締めるほどに内臓の旨みがじわじわと湧き上がってきて実にうまい。焼肉屋ではそのまま焼いて楽しむし、欧米では煮込んだりすることが多いと思うが、この一品は「蒸し」である。無論、下処理がなされているので、ある程度はボイルされて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/05 23:46
鯨の皮
鯨の皮 鯨のさえずりのうまさにシビレたことをだいぶ以前に紹介にしたと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/20 22:09
大根おろしと醤油
大根おろしと醤油 例えば秋刀魚の塩焼きや玉子焼きには大根おろしが付いてくると思う。別皿に盛られていることもあるが、大抵は同じ皿の端っこにこんもりと盛られていることがほとんどではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/03/02 23:57
ランチはおいくら万円までですか?
私は赤坂勤務だ。赤坂には飲食店が沢山ある。和洋中はもちろん、韓国料理やエスニックのお店も豊富で、選択肢は非常に多い。そして総じて値段が高い(泣)。 だいぶ前にランチはそのお店を体現しているか怪しい・・・みたいなことを書いたことがある。私の勤めている赤坂の地では、高級店(すっごいのを除く)でも昼にランチをやっている。夜に向けた仕込み時間といえども職人の人件費を無駄にできない、とか食材の有効活用の一環、とか、いっそ割り切ってコマーシャル(客寄せ)、とかいろいろと戦略や思い入れがあるのだと推察する。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/02/28 00:10
二の岡ハム
二の岡ハム 静岡県御殿場市に二神社という神社がある。全国区ではないかもしれないが、歴史は非常に古く趣のある神社だ。で、そのすぐ近くに二の岡ハムという加工肉のお店がある。小さなお店だが結構な有名店らしい・・・くらいの認識でいたのだが、先日阿佐ヶ谷の駅前商店街の飲み屋で、この二の岡ハムのボローニャソーセージを出しているお店にばったりと出会った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2008/02/24 21:34
季節感に鈍感で・・・
毎度よく行く中華料理屋で、食事の〆として海苔のスープを飲んだ。でも、多少お腹に余裕があるので壁面にある「本日のオススメ」をちょっと眺めてみた。「本日のデザート」かぁ・・・。そういえば、このお店で甘いものはほとんど食べない。思い起こしてみると、マンゴープリンとか栗のナントカとか苺のナントカとか、中華料理屋では珍しくデザートに力を入れてるなあ、このお店。 気になったので、お店の人に聞いてみた。「デザートのオススメって必ずありますよね?」 お店の人曰く、「デザートで季節感を出せればと思っているんで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/21 23:11
箸を置く場所
外食していると、箸置が置かれていることが極普通にあると思う。当たり前であるが、箸を休める際に箸を置いておくためのものだ。でも私はこの箸置を全く使わない。大抵は頼んだ料理の皿の淵なんかに箸を置いてしまうのだ。これってやっぱり行儀が悪いと思うのだが、クセのようになってしまっている。なんというか私が食事をする動作の中で箸置へのワンクッションが邪魔なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/30 23:38
ビーフン
ビーフン 私はずいぶんと長いこと、ビーフンというのはサラダや炒め物に添える脇役のような食材だと思っていた。でも、台湾料理なんかではビーフン自体を炒めたりスープに浸して食べたりする。もちろん脇役的に使われることもあるのだが、ビーフンそのものを美味しくご飯のように食べる感覚なのだ。 台湾料理が好きなのは前にもふれたが、最近の暑さも手伝ってさっぱりといただけるビーフンが私のお気に入りだ。特に汁ビーフンという食べ方は普通のラーメンを食べるよりも格段に美味しいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/17 21:11
キャパシティと店員の数
キャパシティと店員の数 今日の晩は中華を食べた。茄子とひき肉の炒め物・水餃子・海鮮焼きそばである(←食べすぎ?)。いやー非常にうまかった。満足満足・・・とはいかない。いや、味は非常に良かったのだ。ボリュームにも値段にも大満足である。でも出てくるのが物凄く遅いのだ。 まっとうな調理に手がかかってしまうことは理解できる。その美味しさゆえにお店は繁盛しているから、従業員は一時も気を抜くことなくフル回転しているのもわかる。でも料理の出が遅い・・・ うーん、なんと言うか長いことB級グルメをやっているとこういうことによく出くわ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/16 22:17
客の連携プレー
客の連携プレー 浅草の大人気天丼屋で食事をしていた時の話だ。 人気だけあって行列になっていて食事にありつけるまで小一時間・・・といったところ。その行列には修学旅行生3人も並んでいた。いよいよ自分たちの順番が近くなってきたとき、実は集合時間と際どくなってしまったらしく、彼らは急にあたふたしだした。 そうしたら、そのことを察した先に並んでいた女性1人と男性の二人組みが順番を譲ってくれるという。お店の人も気を利かせて「大丈夫、急いで作るから」と励ましていた、集合場所までの道のりまでレクチャーしてあげる気遣いようで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/06/17 00:05
香菜(シャンツァイ)
香菜(シャンツァイ) 香菜(シャンツァイ)、パクチー、コリアンダー・・・ 呼び方は多々あれど、要するに中華料理やタイ料理ででてくるアレだ。カメムシみたいなへんな臭いがする、見た感じチリチリした臭い葉っぱである。おかゆの上に刻んで乗せてあったり、生春巻にそのまま巻いてあったり、薬味としてどっさり添えられたりと・・・。おお、嫌だ嫌だ!私はこの葉っぱのクセが大嫌いだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/13 23:28
焼肉を食べる
焼肉を食べる ボーナスが出たので会社の同僚4人で焼肉を食べに行った。以前からとっておきの日限定で利用していたお店である。以前、ホルモンの美味しさに関してブログで記載したことがあったと思うが、肉の凄いヤツはまさに「凄い」の一言に尽きる。圧倒するような美味さ、まさにご馳走である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/10 22:07
馬肉を食べるシチュエーション
馬肉を食べるシチュエーション 馬肉を見かけることが多くなったように感じる。私はもっぱら外食専門に生きているのだが、食材としての馬肉を極普通に取り扱うお店が増えているように思う。それは和洋中関係なく、例えば蕎麦屋にまでも入り込んできているのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/06 21:49
鯨専門店「勇新」
鯨専門店「勇新」 浅草の仲見世商店街付近をぶらぶらしていたらこんな店を見つけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/06/03 21:49
今週のへぇ〜アニメちびまるこちゃん〜
この間久しぶりにテレビでちびまるこちゃんを見た。オープニングは曲(ピーヒャラってやつね)にあわせて登場人物たちが料理をつくる、というつくりになっていた。 で、よくよくみるとこれが結構本格的なのだ。大体は洋食屋をイメージしているようなのだが、ちびまるこちゃんがライスをフライパンであおっている様は、洋食好きならば「ん、このアニメを作った人はかなりの洋食好きだな」とピンと来るはずだ。ライスを炒める手際やライスの動きが結構リアル(美味しいお店のそれ)なのである。他にもオムライスの卵にナイフをあてると半... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/31 21:09
昼酒を求めて〜ピッツェリア〜
昼酒を求めて〜ピッツェリア〜 懲りずにまた昼酒である。でも今回はちょっとばかり開放的で明るい感じだ。場所は渋谷からちょっと離れた場所にあるピッツェリアである。ちなみに私はピザがことのほか好きだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/05/22 22:36
鋭いメニュー選び?
鋭いメニュー選び? 揚げ物が食べたくなったので、四谷の洋食屋にいった。ここのメンチカツとフライが大好きなのだ。メニューが豊富でカレーやチキンソテーも美味しいが、この日は揚げ物系と決めていた。狙いを定めた定食は2つあった。 まずはミックスフライ定食。エビフライ・キスフライ・カニコロッケの盛り合わせで900円。もう一方の候補であるメンチミックス定食だとミニメンチカツ・キスフライ・エビフライの盛り合わせで930円。 ・・・うーん、どちらも捨てがたい。「そうそう、カニコロッケも美味いんだよなあ」などど迷っていたが結... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/05/21 23:07
店主からのメッセージ
店主からのメッセージ この間塩味の焼き鳥丼を食べたことを記事にしたが、その焼き鳥丼を食べたお店は店頭に実物をディスプレイとしておいている。でも、実物であるがゆえにけしからんヤツが時々失敬してしまうようなのだ。そこで、ここの店主はディスプレイと一緒に手紙を置いている。それがこれだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/19 21:32
下町のナポレオンは今
下町のナポレオンは今 下町のナポレオン。このキャッチフレーズといえば、ご存知「いいちこ」だ。 私はこの酒を特段好きなわけではないのだが、最近通勤の地下鉄で「何の広告だろう?」と感じる、絵的にちょっといい感じの広告があった。で、よくよく見たら「iichiko」とあるではないか。 最初に感じたのは「あれっ?」という驚きだ。いいちこってこういうイメージだったっけ?広告は洗練されたイメージなのだが、私はもっと「もっさり」した印象を持っていたのだ。瓶の形状もデザインもシンプルでスタイリッシュになっている。へええ、「iich... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/12 23:07
筍の食感は
筍の食感は 相変わらず昼酒を追求し続けている・・・というか、土日の機会があるときはナチュラルに昼酒となるわけだからなのだが。で、最近は改めて蕎麦屋を見直し始めている。今回紹介する一品はそんな蕎麦屋酒での極上の肴である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/07 22:56
赤坂のランチにて
「ちゃんこ料理」と銘打ったお店のランチを食べた。ちゃんこ定食というのがあって、味付けを醤油とカレーから選べるという。私はカレーを選んだ。同僚はちゃんこではなく、やはりランチメニューであるカレーライスを頼んでいた。体育会系の彼は「小結・関脇・大関」から選べるボリュームから関脇を選んだ。これでも相当のボリュームである。 程なく出てきたそれらを食べながら、しばらく仕事のことや新人研修(4月だしね)のことを打ち合わせながら食べていたのだが、ふと気づいて私がお店の人に聞いてみた。 「あのー、ひょっとし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/08 22:45
夜の中華料理屋にて
この間、中華料理屋でちょっと遅めの晩御飯を食べていたときの話である。 その中華料理屋であるが、メニュー表記は日本語だが厨房で話されている言葉は中国語のようだった。たぶん調理しているのは中国人だ。威勢の良い感じのやり取りが厨房で行われている・・・と、まあ、よく見かける普通の中華料理屋である。 私が炒飯を食べていたら、会社員と思われる4人がお店に入ってきた。アルバイトだと思しき女性に「餃子と炒飯とビールと・・・・」といろいろ注文し始めた。この女性はちょっと日本語に難があるようで上手く伝わらなかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/04 23:13
祝50周年!〜NHK今日の料理〜
NHK教育の「今日の料理」で過去放送した番組を取り上げていた。歴代の人気講師が登場した回を4夜にわたって再放送するのだという。そしてこの企画は「今日の料理」放送開始から50周年を記念して、ということらしい。 50周年!?である。すげーな、この番組。昔からなんとなく見ることの多かった番組なのだが、まさかここまでの長寿番組だったとは・・・。ともかくこの実にまじめな料理番組がこんなにも長く続いたことは本当に凄い。NHK教育に盛大なる拍手を贈ろうと思う。パチパチパチ←文章じゃ無理があるな ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/31 12:05
〆にモツ煮
普通、居酒屋でモツ煮を頼むと刺身類や焼き物よりも先に出てくると思う。頼んでいるこちら側も「まずはモツ煮」という感覚をなんとなしに持っていると思う。 そんな先入観(という程でもないが)を、この間立ち寄ったモツ焼き屋は気持ちよく打ち破ってくれたので、ちょっと紹介したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/27 21:43
今週の「へえ」〜焼鳥屋のナンコツ〜
よく行く居酒屋の焼鳥メニューに「ひざナンコツ」というのがある。ナンコツは好きなのでよく注文する。コリコリした食感とナンコツにへばりついた肉がいいアクセントとなり非常に美味しい。酒を呼ぶ味だ。 でも、よく食べる割にこれまで漫然と見逃してきたのだが、なぜ"ひざ”ナンコツなのだろうか?ただ「ナンコツ」でよくないか?そこのところをその居酒屋のご主人に聞いてみたところ「ナンコツにも種類があるので、うち(そのお店)では部位をはっきり書いている」のだという。「ナンコツはB級グルメの定番だし、何度も食べている... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/25 21:02
今週の「へえ」〜五穀豊穣と東京証券取引所〜
株に関する事柄が新聞紙上を騒がせることが多くなったように感じる今日この頃。直近でもスティールパートナーズがサッポロを云々とかいろいろニュースで伝わってくる。 「マネーゲーム」がどうとか「業界再編」がどうこう、といった話題は確かにタイムリーで刺激的だ。でも、私はちょっと前に読んだ日経新聞の記事をなんだか忘れられないのだ。東証に新規上場した会社は「鐘を5回鳴らす」というしきたりがあるというものだ。 その話を聞いたとき私は「なんで鐘?」とか、「なんで5回」、とか違和感を感じた。でも「5回鳴らす」と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/18 23:21
中国人ってプルプルした物が好きなのか?
中国人ってプルプルした物が好きなのか? 日本人が「ご馳走だ」と思う食べ物って何だろうか? すぐ思いつくのは鯛と海老だ。食べておいしいのはもちろん「おめでたい」という意味もあると思うし見た目も豪華だ。あとは米。それに肉、特に霜降り牛肉だ。日本人って脂=旨いという感覚があると思う。そういえば漢字も似ている。 では中国人はどうなのだろうか?いろいろ中華料理を食べると、基本的には日本人と旨みのツボは同じだと感じることがほとんどだが、日本人よりも中国人のほうがより「ご馳走」と感じる食べ物があるように思う。それは「ぷるぷるしたもの」である。昔... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 4

2007/02/16 23:17
食べ方
食べ方 この間台湾料理屋で飯を食った・・・って毎度のことなのだが。 海老の塩炒めを食べた。なんだか言葉で書いてしまうとシンプルこの上ない料理なのだが、これが中々秀逸だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/11 21:57
気分爽快
ちょっと古い曲なのだが森高千里の「気分爽快」をご存知だろうか? 「飲・も・う!今日はトコトン飲み明かそう♪」というフレーズがサビになっている曲で、確かビールのCMで使われていたと思う。私は当時明るいメロディーとこのフレーズを聞いて、「お気楽で底抜けに明るく飲むぜ」的な感じの曲だと思っていた。現にCMもそういった雰囲気のつくりだったのである。 でも、である。最近ちょっと前に流行った曲をあれこれネットで検索しているうちにこの曲を改めて聴く機会があった。そうしたらこの曲でいう「気分爽快」というのは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/04 22:02
ハンバーガー
ハンバーガー サンドウィッチは大好きである。でもハンバーガーはどうだろうか?まあ嫌いではないし、好き嫌いの二者択一なら「好き」な方だ。でも、なんだか積極的に「好き」ではない。少なくともサンドウィッチほど好きではないのだ。例えばパンに肉をはさんだ、という意味ではハンバーガーと似ているカツサンドと比較した場合、圧倒的にカツサンドの方が「好き」なのだ。なんなのだろうか、この差って? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/21 01:28
ナンの形は
この間インド料理で出てくるナンの形ってなんか理由があるのだろうか?みたいな記事を書いた。実はあの記事を書いた後もあれこれ調べていたのだが、どうも2つの説があるみたいだ。途中経過ではあるが、以下に報告しておこうと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/01/12 23:39
名古屋といえば味噌味?
名古屋といえば味噌味? ここ最近立て続けに名古屋へ行く機会があった。 名古屋といえば味噌煮込みうどん・味噌カツ・土手煮等、郷土の八丁味噌を使った料理が有名だ。見た感じの色も濃厚なこの味噌は名古屋の人々の生活に深く根ざしているようだ。私も名古屋に訪れた際は味噌煮込みうどん・味噌カツ・土手煮をあれこれ食べてみたものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/08 00:04
ナンはどうしてあの形なのか?
ナンはどうしてあの形なのか? インド料理屋等で出てくるナンが好きだ。素朴な味わいだが小麦の美味さをストレートに楽しめる。しかも「もっちり」「ホクホク」「パリパリ」といった様々な食感を楽しめるし、大抵はインド料理店の焼き立てを食べていることもあり、普通のパンよりもナンの方が断然好きなのである。 そんなナン好きの満月は、このまえ新宿のよく行くインド料理屋にいったとき、釜に近いカウンターに通された。カウンターに座るとナンを焼くインド人(多分)がいて手際よくナンを焼いている。丸い生地を釜入れする直前に引っ張り、饅頭のような形を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/23 16:36
チーズ
チーズ 実は、この前新宿伊勢丹でチーズ盛り合わせを買った。特に「チーズ大好き」というわけでもなく購入する気もなかったのだが、チーズ専門店の売り場に目がいった際「へえ、結構いろいろあるなあ」と興味がわいたので立ち寄ることにした。色が濃く固そうなチーズや、とろけだしているのではないかと思うくらいトロンとしているチーズ、はたまた昔「トムとジェリー」でみた穴の開いたチーズ(知らない人には全くピンと来ないですね)まで様々あった。「味をみますか?」と店員に言われたのでちょっと迷ったが、陳列されているチーズの中に「盛... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/06 22:49
ひつまぶし(つづき)〜熱田神宮参りの後のお話〜
ひつまぶし(つづき)〜熱田神宮参りの後のお話〜 〜前回よりつづき〜 うまきと日本酒「草薙」ですっかりいい気分の私。それにしてもこの草薙というお酒、熱田神宮奉納酒らしいが、そんなこと関係なく文句なしの美味しさだ。確認しなかったが大吟醸なのかもしれない。ほろ酔いのままひつまぶしが出来上がるのを待つ。いいねえ、こういうひと時。お、お膳をもってこちらに近づいてくる店の人がいるがひょっとして!? やはり私のだ。 薬味が入った小箱とお櫃、出汁の入った急須がおかれた。お櫃の蓋を開けてみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/12/03 10:14
ひつまぶし〜熱田神宮参りの後のお話〜
ひつまぶし〜熱田神宮参りの後のお話〜 熱田神宮参りした際に境内できしめんを食べたことをこの間記事にしたが、このときのきしめんのサイズを小さいものにしたのはわけがあった。 熱田神宮の南門を出てすぐのところに「あつた蓬莱軒」というひつまぶしで有名な鰻屋(の支店)がある。そう、私はここでひつまぶしを食べることに決めていたのだ。だからきしめんは軽めにしておいたのである。まあ、「我慢する」とはならなかったわけだが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/30 22:23
感動!熱田神宮〜つづき〜
感動!熱田神宮〜つづき〜 〜前回より続き〜 熱田神宮でもらった冊子によると「祭神の熱田大神とは、三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を御霊代(みたましろ)として、よせられる天照大神(あまてらすおおかみ)のことであります」とあり、平成25年には1900年記念を迎えるという。190年ではない、1900年だ。ちなみに現在の熱田神宮は昭和31年に再建されたものだそうだ。 そんな由緒正しい熱田神宮だが、地元名古屋では「熱田さん」と呼ばれ身近な存在として親しまれている。熱田の森は名古屋の人々のよき憩いの場なのであ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/11/27 21:57
感動!熱田神宮
感動!熱田神宮 飛び石連休ってもう死後かと思っていたら、まだたまにはあるようだ。 ・・・どうも今晩は。前ふりはともかく、この前の金曜日を有給休暇にして四連休とした満月です。 で、特に予定もない(泣)私は急遽名古屋にいってみた。というか、正確には熱田神宮参りに行ってきたのである。実は、私こと満月は神社が好きだ。多くの神社は森や林のようになっていることが多い。小道は砂利が敷き詰められている。人間の手が加えられつつも「原始の森」のイメージが残っているヘンな空間。こんなこというと良識ある方々から怒られそうだが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/26 22:02
おでんの缶詰
おでんの缶詰 皆さんご存知だろうか。最近はいろんな缶詰があるなあ、とは感じていたのだが、なんとおでんまで缶詰があるのだ。しかも静岡おでんである。こんなニッチな商品なんで存在するのだろうか?といいつつ、写真はスーパーで見かけたとき思わず買ってしまった一品だ。私もまだまだ煩悩を捨てきれない凡人の域をでないようだ。 ところでこの缶詰、原材料を確認してみると「うずら卵・黒はんぺん・さつま揚げ・なると巻・糸こんにゃく・牛すじ」とある。通常のおでんであれば定番であろう「大根・がんもどき」等はいっさい入っていない。逆... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/23 23:21
酒としじみ
酒飲みはしじみを食べると良いそうだ。詳細は忘れたが肝機能を助ける?みたいだ。先日「あるある大辞典」でやってた。 そう考えると台湾料理でシジミの醤油漬けやシジミ炒めなんかが定番だが、あれって酒の肴としては理想だったわけだ。他にも豚足なんかが定番だが、これなんかもコラーゲンたっぷりでいかにも体によさそうである。水餃子も実は野菜たっぷりだし、大根もちなんかも・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/25 00:12
柑橘お猪口
柑橘お猪口 新宿南口を出て徒歩3分という至便な場所に広島のアンテナショップがある。宮崎館KONNEの手前だ。 多くのアンテナショップの例に漏れず、地酒や地元の食材や民芸品なんかが豊富にとりそろっているのだが、今回私の目を引いたのはお猪口だ。 写真の一品がそうなのだが、画面中央左側に丸い部分があることにお気づきだろうか? なんとこれはミカンのヘタの跡である!? つまりこのお猪口はミカンの皮でできているのだ。 まあ、これが日本酒の気分を盛り上げるかといったらちょっと微妙だ。だって日本酒とかんきつ類って... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/22 22:32
トマト水餃子
ハルピン餃子ってご存知だろうか? まあ、名前の通り中国はハルピンの餃子なのだが、特徴は物凄い滑らかな食感と、一つ一つは結構大ぶりであることだろうか。皮も厚めなので、5・6個食べると結構お腹にたまると思う。このタイプは水餃子がオススメだ。 と、ここまでならただの餃子好きの話。私が最近ハマっているのはハルピン餃子の中でも「トマト水餃子」なのだ。中華料理でトマトは結構良く見かける。玉子とトマトの炒め物なんかが代表だ。私も餃子の具にトマトを使うのは知っていたし、良く行く中華料理屋のメニューにもあった... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/21 00:11
江戸切子
また懲りずに買ってしまった。今回は江戸切子だ。京成立石に葛飾区の職人が商品を持ち寄る民芸館があるのだが、ふらっと立ち寄ったときにについうっかりぐい飲みに見とれてしまったのだ(前にもあったな、こんな感じ・・・) 実は「醸し人九平次の御手前大吟」という酒を数日前に手に入れてたのだが、手持ちの器で日本酒によさそうなものがよくよく考えるとあまりない・・・ということに残念ながらあわせて気づいてしまったのだ。 で、そんなときに江戸切子である。薩摩切子のときもそうだが、ガラスってやっぱり魔力があると思... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2006/10/15 22:39
おしぼり
おしぼりって日本だけのサービスではないだろうか? おしぼりを専門に扱う業者までいるし、おしぼりを保温しておく機械まであるもの日本ならではだと思う。でも、このサービスって実は様々なのだ。たとえば飲食店に行くといろんな形でおしぼりが出される。ちょっと以下に書き出してみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/14 23:42
黒はんぺん〜つづき〜
〜前回のあらすじ〜 当時静岡に住んでいた小学生の満月が初めて食べた「白」はんぺん。その感想は一言「微妙」であった・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/10 22:50
黒はんぺん
私は静岡出身なのだが、最近その静岡の食材でこっち(東京)でも見かけるようになったものがある。「黒はんぺん」である。 このはんぺんはふわふわで白い、いわゆる普通のはんぺんとは全く違う。もっとストレートに魚の練り物だ。どちらかと言えばつみれに近い。基本的には平べったいのだが、両端のどちらかに厚みがついているものもある。まるで耳たぶのような形だ。そして色。いわしなどを骨ごと練りこんであるので灰色っぽい色をしている。まあ、「黒」はんぺんと呼ばれる所以である。ビールのCMでも登場しているこの「黒はんぺん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/08 22:36
スローフードが性にあわない
性格だろうか。ゆるゆると飯を食べるのが苦手なのだ。 いや、もちろん味わって食べるのは大事だと思うし、無神経に早食いするつもりもない。 でも・・・である。料理には「食べごろ」があると思いません?それにグイグイと食事をほおばる快感っていうやつもあると思うのだ。 私は別に江戸っ子ではないしファーストフードが好きかといったらどちらかと言えば好きではないほうだ。でも、「スローフード」はもっと微妙だ。 蕎麦屋酒っていう楽しみ方が日本にもあるにはあるが、欧米でいうようなスローフードとはちょっと違う。な... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/05 21:26
不味いラーメン屋
大学生の時、相模湖付近をドライブしたときの話だ。 相模湖を眺めつつ、BGMをガンガンかけて気持ちよく車を走らせていた。 「はらが減ったなー」と感じはじめたときお店が見えてきた。駐車場は狭く店もちょっと薄汚れた感じで、なんだか立ち寄るのをちょっとためらったのだが、看板の文字を見て俄然興味がわいた。 〜日本一不味いラーメン〜 とあったのだ!これは食べてみなければ!!!勇んでお店に乗り込んだものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/01 23:38
具入りラー油
丸の内線南阿佐ヶ谷駅を降りてすぐのところに、都内でも珍しい潮州料理(中華)を出すお店がある。味付けがやさしく食べやすい料理が多いので私は頻繁に顔を出している。 とある日、いつものようにカウンターで飲み食いしているとき、「具入りラー油」という調味料が置いてあるのに気づいた。私は出された料理に調味料やタレを極力つけないようにして食べているのだが、ちょっと気になったのでいつも頼んでいる水餃子にそれをつけて食べてみたのだ。 ・・・美味い!なんだこれ!香ばしく焦げたニンニクと唐辛子なんかがそのままラー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/10 23:53
新宿宮崎館KONNE
新宿駅南口から甲州街道を渡りそのまままっすぐ進むと宮崎県のアンテナショップ「KONNE」がある。「来んね=来てね」という方言を店名にしたらしい。宮崎県の名産品を数多く扱っており、民芸品や美味しそうな食べ物が沢山陳列してある。もちろん焼酎も沢山置いてある。ついつい買ってしまった日向夏ジュースなどは、そのまま飲んでも美味しそうだしカクテルに使ってみても面白そうだ。←お店の思うつぼである・・・ このお店には入るとすぐ左手に軽食コーナーがあるのだが、冷や汁定食・チキン南蛮定食・飫肥天定食等、実際に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/07/17 23:43
思い出のポークソテー
大学生のとき日雇いのバイトをよくしていた。結構稼ぎになったのが解体工場での夜間作業。ベルコトンベアに流れてくる廃材を交代制で一晩中ひたすら解体するのだ。だいたい一回の日雇いで1.5万円くらいになった。この解体工場の送迎バスは人形町駅から出ていたので、夜10時くらいに人形町駅に集合してバスに乗り込み、作業が終わるとまた人形町に戻ってきていた。戻ってくるときはだいたい翌日の11時過ぎくらいになっていて、ちょうどお腹が空き始めるころである。 日雇いだからアルバイト代は即金だ。普段は貧乏学生をしていた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/12 23:36
飲食店の名刺
私は飲み食いして気に入ったお店では名刺をもらうようにしている。で、そんなことを続けているうちに結構な枚数の名刺が集まってしまった。そこで名刺ホルダーを買って整理してみた。 ・・・なんと150枚以上あるではないか!しかも居酒屋ばかりかと思ったら、意外にも一番多いのはビストロやイタリアンといった洋食の類だった。その次は中華料理で居酒屋は三番目だ。 でも良く考えると、私は一度気に入った居酒屋には腰をすえて入り浸ってしまう。それに立ち飲み屋なんかだとそもそも名刺を置いていなかったりする。だから居... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/27 23:04
親切すぎるメニュー
どこの飲食店にいっても感じることがある。それは食べ物の名前が長くなっているのだ。 ちょっと例を挙げてみると・・・  例@:フランス産ウズラの胸肉ローストプロヴァンス風下仁田葱を添えて  例A:三田牛テールとたっぷり根菜のことこと煮   例B:トマトを使った白モツの韓国風煮込みとカリカリ焼バタートースト とかだ。 上記は私が今適当に考えた。でもこれに近い表記って誰しも見たことがあると思う。どんな料理なのか、メニューに書いてある情報からかなり正確にわかるようになっているのだ。 狙いはわ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/06/25 11:41
オススメの料理漫画
外食や食材の買い物をする際、皆さんはどんな媒体を参考に利用するだろうか? チラシ? 雑誌?ネット? でも、最近は「漫画」も結構すごいのだ。 私は本が大好きだが、漫画も負けずに大好きな典型的な現代人?だ。で、そんな私が漫画雑誌での連載を結構きちんと追っている(た)漫画がある。 以下にいくつか紹介しよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/22 21:55
NHK「今日の料理」より〜食卓の風景はどうなった?〜
ぬか漬け、梅干し、あじの塩焼き、目玉焼き、菜の花の白和え、おかゆ・・・ 上記は日本の食卓に登場するごく一般的なものを思いつくまま列挙したもの、ではない。なんとこれらはNHK「今日の料理」でここ数ヵ月間に登場した「料理」なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/20 20:25
バジルの花
私は自宅でバジルを育てている。もちろん「食用」だ。だからたまーに葉っぱを失敬したりしている。いや、たまーにですよ。 お洒落を否定するかのような記事をブログでアップした事もある私だが、一般的には「お洒落」な部類のイタリアンで必須食材であるトマトとバジルが実は大好物なのだ。 特にバジル。この植物には中毒になるような何かが含まれているのではないかと疑ってしまうほど私は好きだ。単独では大して美味しくないし、むしろ癖が強くてまずいと感じるくらいだ。でも、相性の良い他の食材との組み合わせによって、この植... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/14 23:31
心意気に拍手!!! 村上信夫シェフ
NHK「今日の料理」が再放送をしていた。それもかなり昔に放送されたもののようである。この時の講師は村上信夫という人だった。人物について名前以外一切紹介しないスタイルは相変わらずだ。 番組では「ひき肉料理」をいくつか作っていた。ハンバーグとかミートボールとか料理の具体名はなく、「ひき肉料理」なのである。混ぜ方や加熱方法やソースの作り方等が説明されていたが、あえて料理を絞らずに広く「ひき肉料理」としたのは、まだ肉の取り扱いに不慣れだった日本人をやさしくエスコートしていこうとする狙いがあったのだと思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/20 02:19
「隠れ家」はセールスポイントなのか?
今回のテーマは「隠れ家」だ。 最近雑誌やテレビで目にすることが多くなったキーワードだと思う。大人な感じ・ダンディな感じ・2人の緊密な時間を期待できる感じ・・・等がこの言葉に込められていると思う。 「隠れ家」ねぇ・・・。でもよく考えてみてほしい。要するに雑誌での隠れ家特集は「みんなこの店に隠れに来いよ!」という呼びかけなのである。 隠れ家ってそもそも人にあてがわれるものなのか? 雑誌の誘いに乗った時点で「大人でダンディーな自分」は半分以上まがい物、背伸びして「きどってる」感じだ。世間の喧騒と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/15 22:05
食へのリアクションはいらない
テレビで紹介しているからには美味しくなくてはならない。 このような暗黙のお約束でもあるのだろうか?テレビ番組でなにか食べた芸能人は、(たぶん視聴者に向けて)多少大げさなリアクションをとる。ほとんど必ずだ。グルメリポーターならまだわかるが、グラビアアイドルやお笑いタレントまで、芸能人という芸能人は必ずリアクションをとる。視聴者に「美味しさ」をアピールしてくるのだ。 いつからこのような風潮が生まれたのだろうか? 誰も彼もがリアクションを取るようになると、逆にテレビで美味しさを情報発信すること全部... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/14 23:48
ランチはそのお店を体現しているか?
お手軽でボリュームがあり尚且つリーズナブルなことを求められるランチ。我々勤め人には貴重でありがたい存在だ。現に美味しいランチを出すお店をリサーチするメディアが沢山ある。 でも、そもそも「ランチ」とはそのお店の評価をキチンと体現できているのだろうか? カレーとかトンカツとかラーメンは基本的には昼夜同じだと思うので評価にブレはないと思う。問題は「居酒屋」・「割烹」・「中華等の各国料理」等だ。 私は食に対して人一倍関心があり、しかもそんなに予算的に裕福ではないので、毎日なにを食べるのかあれこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/11 01:43
「お洒落」反対
お洒落に「お好み焼き」を食べる、とかスタイリッシュな「居酒屋」とか、このお店で「焼肉」がお洒落になったとか、何かって言うと「お洒落」が幅を利かせている気がしませんか? 私が思うに、女性客を取り込むための安易なキーワード、それが「お洒落」だ。 もちろんお洒落であることが必然的であるお店は沢山ある。しかし、少なくとも居酒屋・お好み焼き屋・焼肉屋が「お洒落」である必要はないと思うのだ。 「不潔」だったり「いかがわしい」のは論外としても、「雑多」で「賑やか」で「気取らない」ことも立派に楽しめる要素... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/04 13:37
強敵!コンビニエンスストア
コンビニ弁当は好きですか? 私は嫌いです・・・と言い切れなくなってきている。 いま、コンビニがすごいのだ。特に目覚しいのがデザート。私個人の感覚で言えば、コンビニデザートはリーズナブル・多様性の2点で既に100%以上期待にこたえていると思う。 象徴的なのがプリンだ。やれ「クリーミー」だの「有名シェフ監修」だの「濃厚」だの、魅惑的なキーワードに溢れまくりだ。そして食してみると実際においしかったりする。 おにぎりもやばい。うっかりしていると結構美味しくいただけたりする。 ・・・くやしい。大... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/24 22:48
肉屋・魚屋を考える
地域に根ざしている分、比較されることがない分野。それが肉屋・魚屋だと思う。人間は日常的な買い物まで遠出しようとはなかなか思わない。その結果、良くも悪くも近場のお店を受容してしまっている部分があるはずだ。 ・・・といって、私はなにも肉屋をネガティブに捉えるつもりはない。その逆で、絶対にもっと評価されてもいいお店がいっぱいあるはずだ。大手スーパーの台頭により75点くらいの標準化が進んでしまっているような気がするのだ。それはそれでよいことも多いのだが、本来はその地域に暮らしていることの幸せ・・・、と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/23 23:31
「今日の料理(NHK教育)」を褒める
「今日の料理」がすごいことになっているのはご存知だろうか? 講師陣が第一線の人気シェフでずらりと固められているのだ。たまたま見ていたときは「レバニラ炒め」だったのだが、表参道にある「ふーみん」というお店の女性シェフが作っていた。私も何回か食べたことのあるお店である。とても美味しいし、値段も良心的な良いお店だ。 「レバーの血抜き方法」・「片栗粉と油の使い方」・「炒める順番」・「味付け」等、淡々と説明が進む中、視聴者である私は感心しっぱなしであった。「レバニラってこんなに考えつくされた、しかも手の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/22 12:37
「美味しんぼ」のここが嫌い
誰もが知っているであろう漫画「美味しんぼ」。 実名で事例を紹介するのもなんだが、「ミスター味っ子」・「スーパー食いしん坊(←古いか?)」等の食をテーマにした漫画に比べれば、リアリティ・説得力においてこの漫画は圧倒的な進化を遂げている。食に対しての単なる情報発信だけにどどまらず、時に食の安全性等に対するメッセージまでこめられていたりする。 でも、私はどうにも鼻につく要素(違和感といってもよい)があるために、この漫画を素直に評価することができない。 形容する言葉はさまざまだが、あえてそれを一言... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/21 22:30
グルメ評論家の評価って?
なんか「味」が絶対基準になりすぎな気がするのだ。 ・・・当たり前ですか?でも日常的に飲み食いする際、誰もがまず念頭に置くのは「予算」のはずだ(所謂「ハレの日」を除く)。 一定以上においしいのは当然で、それを「リーズナブルに提供している」ことを「すばらしい!!!」と賞賛する姿勢を打ち出しているグルメ評論家っているのかね? B級グルメとか下町グルメなんかはこのあたりをとらえているような、どうもちがうような・・・。すっきりしないのである。いっそのこと味の絶対評価を価格で割り算して1円あたりの喜び... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/20 21:40

トップへ | みんなの「食周辺の話」ブログ

月夜の晩に 食周辺の話のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる