月夜の晩に

アクセスカウンタ

zoom RSS 横丁商店街・寄り道〜矢先稲荷神社〜

<<   作成日時 : 2007/03/18 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

合羽橋商店街の通りをちょっとだけ入ったところに矢先稲荷神社という神社がある。合羽橋商店街を物色し終わったので、ちょっとこの地域一帯がどうなっているのか散策することにした。
画像

ここは鳥居。訪れた日は近所の方々が書いた絵や造った芸術品等を展示する催し物をやっていた。どうもハツウマ?という日と重なっていたみたいだ。訪れた人にお汁粉や甘酒を振舞っていて、私満月も甘酒をおすそ分けしてもらった。ラッキーである。
画像

ここは手洗い場。そういえば、この手洗い場ってどこの神社でも割と普通に見かける。「手を洗う」というのは通常であれば衛生的な意味合いで行うと思うのだが、神社の場合はなにか特別な意味がありそうだ。今度調べてみることにしよう。そういえばお寺にもあるなあ。
画像

これは本殿。左端のところに酒樽が積まれているのがわかるだろうか?神様へ奉納したお酒である。手洗い場と違いさすがにこれはお寺にはない。同じ宗教上の建物なのに神社とお寺では結構違う。あくまでも満月個人のイメージなのだが、神社は「人間に優しい感じ」、お寺は「ストイックな感じ」がする。
ところで、写真には写っていないのだが、本殿の上部に丸い金色のマークがあったので持っていた双眼鏡(この前買ってしまった。また今度報告します)で覗き込んでみたら、なんと稲穂をモチーフにした模様が描かれていた。この「奉納酒」といい「稲穂の模様」といい、神社とは確かに五穀豊穣の祈りが込められた場所であることがわかる。いままで特に気にしていなかったので、ちょっと驚いた。

そんなこんなで境内をうろついていると、神社の方が話しかけてきてくれた。「今日は特別なので、本殿の中に入っていいよ」という!?「写真もOKだよ」という大盤振る舞いである!そういえばいままで中に入ったことがない。いったいどうなっているのだろうか?

〜つづく〜

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪
いつも買い物だけに行っていたので、合羽橋のいろいろな顔が見られて楽しいです!
お稲荷さんは「穀物の神(ウカノミタマ・トヨウケヒメなど)」を祀る神社なので、金具の模様が稲穂になっていると思われます。
総本社は京都の伏見神社、神様のお使いはご存知の通り「狐」ですね♪
手水場は、人間が神様の前に出る前に身を清めるためのもので、本来きちんとした作法がありますが、今は素通りする人が多いですかねぇ…^^
本殿の中の紹介も、楽しみにしています♪♪
okamider
2007/03/19 00:59
女将さん、今晩は。
なるほど、お稲荷さんは穀物の神様なんですね。それと手水場(手洗い場ではない?)はお清めだったのですか。私もいままで素通りしていた輩でした・・・。今度からきちんと手を洗わないといけないなあ。
満月
2007/03/19 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
横丁商店街・寄り道〜矢先稲荷神社〜 月夜の晩に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる